SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS

CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
SEARCH THIS SITE.
OTHERS
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
1,止める理由を明確にする
私は「タバコは止めたた方がいい」と長い間思っていました。
でも多分一生止めれないだろうと思っていました。
ですからいよいよという時まで、タバコを買い忘れないように気をつけていましたし、止めるために吸わないでいることもほとんどありませんでした。

忘れもしない2月22日の朝。
ほんの一分くらいでしたが左目が見えないということが起きました。
このことが無かったら私の考えは変わっていなかったでしょう。
神様が舞い降りてきてタバコをやめるようと導いて下さったのだと思います。(無宗教ですがヾ(>▽<)o)
私は本当に幸せです。

私ほどの幸運な方は、なかなかいないでしょうが、
先ずは
タバコをやめるためのBlogを立ち上げて、
止める明確な理由と絶対に止める決意

をかかげましょう。


子供の頃タバコを吸っている大人が臭かったこと、思い出しましょう。
私たちの口もあんな匂いを出しているんですよね。



| 煙草を止めたい方への伝言 | 07:58 | comments(0) | trackbacks(0) |
2.禁煙補助グッズは使わない
私は余り余裕の無い切羽詰った状況でスタートしたので禁煙補助グッズのことはほとんど知りませんでした。
でも後になって、知識を得るに従って、要らないものだったんだと思いました。

先ず
ニコチンを煙でない方法で補給する方法
これは意味が解りませんでした。
確かに煙ではないので禁煙という言葉は使えると思いますが、ニコチンを体から抜こうと思っているのに不思議でした。

多分あまりに急にニコチンが来ないと体が対応できないということだと思うのですが、結構高いらしいですね。今更タバコによるタールなどを少し少なめにすることに何の意味があるでしょう。
ここは体が対応できなくてどうしようもないニコチンを今までの「大好きなタバコ」で補給した方が未だましだと思いました。タバコで補給しているので「禁煙」という言葉は使えませんね。

次に
読むだけで止められる本
そんな本を書ける能力がほしいです。

私がやった方法
  • 禁煙四日前  夕飯前まで普通に吸い 夕飯後は吸わずに寝た。

  • 禁煙三日前  起きてからずっと我慢して午後3時頃、3本吸って家事をこなす

  • 禁煙ニ日前  起きてからずっと我慢して夕方、2本吸って家事をこなす

  • 禁煙前日  起きてからずっと我慢して夕方、一息吸って家事をこなす

  •   
  • 禁煙当日  そして遂に吸わない日が来ました。この日からカウントを開始したのです。


    が。。。

    この記事は2006-4-5に書きました。
  • | 煙草を止めたい方への伝言 | 08:02 | comments(0) | trackbacks(0) |
    3.最も激しい離脱症状
    タバコを吸わなくなってしばらくすると、タバコを吸いたくて吸いたくて、
    ただそのことだけを考えている離脱状態が訪れました。

    この時期は、なんの回避法もありません。
    ただただ、体からニコチンが抜けていくのを待ちました。

    絶対止めるんだという強い意志だけが乗り切る糧です。
    願わくは、苦しさは厳しい方がいいとさえ思います。
    この最初のタバコのことしか考えられない間、
    タバコは吸いかけの箱のまま捨てないで置きました。
    タバコはあそこにしまってあると思いながら「吸わない」と自分に言い聞かせていました。
    ガタガタと体は震え、夜になっても眠れませんでした。ニコチンは私が睡眠によって目をそらすことを許してくれませんでした。

    ここを読んで下さる方がいれば、
    そんな苦しいことは嫌だって思うでしょうね。

    でも、きっと貴方も、タバコが大好きでしたよね。
    私の人生でも、これほど、自分の思う時、思う回数、自分を慰め、目覚めさせ、ひらめきを与えてくれた物は有りませんでした。(思い込みかもしれませんが、そう感じていました。)もしタバコが恋人だったらと置き換えてみました。

    貴方も、その大好きなものと別れようと思うのですよ。
    苦しくないはずはないですよね。
    この苦しい思いをしている自分をBlogに書きます。人生でこんな悲しい別れがあるでしょうか?
    どんなにタバコが好きなのかを書きます。タバコが自分にとってどんなに重要だったか書きます。それなのに、今別れなければならない悲しさを書きます。

    書いている間に、自分の心の中にあるものが見えてくると思います。
    タバコを止めたいですか?
    止めたくはないですか?

    どちらかを選ぶしかないと思います。
    気持が決まっていないのに、揺らぐ心で始めて、本数を減らすことや、短い時間の禁断症状の積み重ねを繰り返すと「こんなに何回も挑戦しているのに自分は止めれないんだ」などの自己暗示にかかってしまいます。
    また、少し禁煙が続くと「おかしい、私が止めれるはずは無い」と焦ったりするから不思議です。
    この繰り返しは、痩せようとしてリバウンドを繰り返して、遂には痩せにくい体になってしまうように、結果的にタバコが止めれない精神になっていくような気がします。

    タバコを止めたいですか?
    この方法はトテモ苦しいです。
    本当だったら病院に入院してもいい位だと思います。
    でも、ここには自分ひとりしかいません。
    自分の部屋で、ニコチン依存症の患者の自分を、看護士の自分が看病するのです。
    自分はそんな二重人格じゃないって?
    いえいえ。貴方の心の中に住んでいますよね。
    そうそう。可愛い天使ちゃんと黒い矢印しっぽの生えた悪魔ちゃんです。

    タバコをやめたい天使ちゃんと吸ってもいいだろうとささやく悪魔ちゃんです。

    この方法はトテモ苦しいです。
    もう二度と味わいたくない苦しさが、これから先、あなたを喫煙へと戻ることのブレーキになると思います。また一本だけお化けが出てきたときにBlogに書いた苦しい気持を読み返してみましょう。
    もう二度と嫌ですよね。

    タバコを止めたいですか?
    どうして?止めたいんですか? 


    この記事は2006-4-5に書きました。
    | 煙草を止めたい方への伝言 | 08:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
    4.私の失敗
    タバコを捨てる時期
    一週間位すると、最早、ニコチンのほとんどは体から抜けているそうです。

    時々タバコのことを忘れている瞬間があり、タバコではないものを要求する余裕が出てきます。
    この時が来たら、しまってあったタバコを捨てます。

    私の失敗はこの時起きました。多分、私にとっての事件が起きなかったら、失敗も無かったと思いますが、
    いつどんな事が起こるかわかりません。ペットの魚が死んだのです。
    タバコのことは100%頭から飛んでしまいました。
    どうしよう。と魚のことを考えていて、ふと見ると自分の手に火の付いたタバコがありました。少なくともひと吸いはしたはずです。
    でも、10日ぶりなのに、むせることもなく、トテモ上手に吸えていました。
    大慌てで、火を消し、タバコを置いておくのは危険だと思い、捨てました。

    禁煙サイトを回っていると親が死んだとき何年も禁煙していたのに吸ってしまい元の喫煙者に戻ったという話がよく有りますが、親でなくて、ペットでも同じことだなと思いました。

    私の場合は、全く無意識でした。
    タバコを吸うということは、呼吸をしていると同じように、最早、無意識の行動なのだと思い知りました。
    例えが大げさですが、呼吸は、相当意識しないと止めていることはできませんよね。意識が途切れると呼吸をしてしまうといった感じで、禁煙と似ていると思いました。
    勿論、呼吸は絶対の止めれないもの、止めてはならないものという点で、タバコとは正反対のものですが、
    タバコを吸ってきた者が禁煙しようとしている禁断症状は、呼吸を我慢しているような感じが一番近いと思います。
    そうです。吸いたくて吸いたくてたまらないのです。

    | 煙草を止めたい方への伝言 | 08:08 | comments(0) | trackbacks(0) |
    5.喪失感
    ニコチンが体から抜けて行くのは3日くらいだそうです。
    その後も少しは残っているのですが、一週間から一ヶ月ですっかり抜けていくそうです。
    でもその後、ずっと、吸いたくなる時が有るそうです。
    その一つは、私が体験したように、無意識に脳が覚えているんでしょうね。
    もう一つは、大切なものを失った喪失感です。
    喪失感は、誤魔化せるものではありません。
    誤魔化して蓋をしたつもりでも、心の奥に残りうつ病のような感じになってしまします。

    みなさんはフランダースの犬という話をご存知でしょうね。
    主人公ネロは両親がいなくておじいさんと暮らしていました。
    地主の家のアロアと言う幼馴染がいましたよね。
    年を経ておじいさんが亡くなり、ネロは一人で牛乳運びの仕事をしていました。
    あるとき水車小屋が火事になって、無実のネロが疑いを掛けられました。そのために、生活の糧を得る為の仕事を失いました。
    恋人となっていたアロアの両親から逢う事を禁じられてしまいます。
    ネロはとても絵が上手でした。コンテストがあるので絵を出品することにしました。入選すれば賞金がもらえるのです。
    そして、コンテストの発表があり、ネロは落選してしまいました。

    ネロの失ったものをみてみますと、その数に驚きます。
    先ず、おじいさんです。
    次に仕事。信頼、恋人です。
    最後に未来です。

    人間はひとつずつ訪れる喪失にはなんとか耐える事が出来ます。でもこれだけ多くのものがいっぺんに訪れると生きていけないのだそうです。
    ネロはもう生きる力が無かったのです。生きるためには希望や喜びなどがいかに必要かを物語っている話としても有名ですよね。

    さて、タバコを失う事は、今までの私たちから、多くのものを奪っていきます。タバコがもたらしてくれたと信じていた事が、無くてもやっていけるようになるまで、喪失感に襲われます。
    あー。こんなに眠いのはタバコを失ったからだわ。何も考える事もできない。何も手に付かない。それに便秘してるし、太ってきた。
    たくさんのものを失ったような気がします。
    気のせいかもしれません。実際には気のせいでしょう。
    でも心が感じているかどうかということが重要なのです。

    心がそう感じる限り、うつ状態になってしまいます。

    専門のお医者さんに行かない場合は
    一人でここを切り抜けなくてはならないのです。


    | 煙草を止めたい方への伝言 | 08:10 | comments(0) | trackbacks(0) |
    6.Blogの力を借りよう
    さて、ここからが、Blogの力を借りる時です。

    タバコをやめようと決心して、何日が吸わないでいます。
    でも吸いたいです。吸いたくてたまりません。
    もう、頭の中は吸いたいという文字ばかりが躍り狂っています。
    最初の止めたいきもちや決意などもう、何処に行ったか、解りません。

    もう、いいや明日からまたやろう。これじゃ自分が可哀そうだ。

    となった時

    ちょっと、待ったー

    ここでおもむろにBlogの管理者ページを開き、今の気持を書きます。
    どんなに吸いたいか。タバコはこんな時どうしてくれたのか。
    タバコの想い出をいっぱい書きます。だから、吸いたいんだよ。等々。。
    思いっきり書きます。震えながら、書きます。

    ちょっと、待ったー
    次にタバコをどうしてやめたいか、BlogのTOPに掲げてあることばを見ます。
    そうだ。タバコは、駄目なんだよな。臭いんだよね。。
    どんなに悪い噂があるか、だれでも知っていますよね。
    そのことも書きましょう。

    ちょっと、気が落ち着いてきます。
    書いている途中で、始めの頃の苦しい気持を読んでみます。
    あんなに苦しかったんだ。。。。。


    「書く」という事は訳の解らなくなっている頭の中を整理してくれます。
    私は、試験勉強で書いて覚えるということが有効的だったことを思い出します。買い物をメモしたものは頭の中に入り、忘れず買って来れます。

    この書いたところがBlogですから、訪れたお友達が読んで共感し励まし応援してくれますよね。

    みなさんに助けられて一日、カウンターが伸びたら、
    おめでとう、よくがんばったね。と自分でも自分を褒めましょう。
    ほんとに凄い事だよ。

    | 煙草を止めたい方への伝言 | 08:12 | comments(0) | trackbacks(0) |
    7.喪失感の推移と補給
    心理学的に見ると、私たちが、大切なものを失う事で辿る心の動きは大体決まっているそうです。

    立ち直って歩けるようになる前の段階は皆さんも覚えがあると思います。
    そうです。泣く事です。涙を流して泣いた後、人間は諦めて立ち上がり歩き出します。

    先日、日テレドラマコンプレックス「たくさんの愛をありがとう」というのを見ました。主演の桃井かおり演ずる補導員が不治の病で亡くなるのですが、気丈にしていた彼女が、その最後にやはり泣くのです。
    本当に子供みたいに泣くんです。
    「いやだ、なんだか死にたくなくなっちゃった」から始まって「死にたくないよぉ。助けてよぉ」まで号泣していました。
    私も一緒に頷きながら泣きました。
    その後、死を受け入れて爽やかに、穏やかに召されていきました。

    タバコを喪失する事でも同じ道を辿ります。

    1、タバコが健康に悪いって?でも自分は大丈夫だよ)
    2、どうしてこんなもの売ってるんだ。周りがみんな吸ってるから悪いんだ
    3、こんなに大変なんだから一本位いいんじゃない?
    4、タバコと別れることが寂しくて悲しい気がする
    5、そして遂にタバコを吸わない事を受け入れます。

    こんなにたいへんなことをしている自分に
    近頃、欲しいと思っていた、ちょっと高い物を買いましょう。
    私はミシンを買いました。
    これから先のタバコ代を、前倒しして使うことで、もうタバコは買えないと思うのも良いかもしれませんね。
    | 煙草を止めたい方への伝言 | 08:14 | comments(0) | trackbacks(0) |
    | 1/1PAGES |





    PROFILE




    .