SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS

CALENDAR
S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
SEARCH THIS SITE.
OTHERS
<< しそ酢 | main | ウォーキングCD >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
一本だけお化け登場
昨日は何故か
一本だけお化けが出て、悶々としました。
吸わなくしてから、一ヶ月以上も経っているのに、厳しかったです。
「今買い物に行ったら、タバコを買ってしまうかもしれない」という思いに襲われて震えました。
出かける前、家の中を行ったり来たり、うろうろオロオロ、
遂に泣くことにしました。

ーーー
私、本当に色々なもの失ってしてきた
仕事、子供、父、友だち、若さ、ペット
今有るのはこの蝕んだ体とタバコだけ
タバコをやめるなんて嫌だ
それに代わるだけのものがみつからない

だれも私が臭くなくなったなんて気付かない
だって誰に逢う事も無いんだもの

それでも多少なりとも期待されていることが
こんなにはかどらないことがタバコのせいだなんて
誰も理解しはしない
それなのに今さらタバコを止めてなにになるんだ

私は一人で家に居る
子供を先立たせた悲しさを思う
私は別にもう人生に未練は無いと思っていた
それなのに、いざ、命の危機が迫ると
いみじくも
「まだ死にたくない」とわめくのか
なんと卑下すべき人物だろう

今、この家の中でひとり、大声出して泣いてる私に
誰かがどうしたの?って聞いたらどうする?
「タバコが吸いたいの」
と?
「。。。。」

引きますね
笑えますね

ーーーーー
やっと泣き終わって買い物に行きました。
自販機の前、通過OKでした。

これを書いているのは次の朝ですが吸いたい気持は有りません。、恐るべき一本だけお化けでした。
クワバラ。クワバラ。



| タバコを吸わない | 10:03 | comments(5) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 10:03 | - | - |
コメント

おはようございます。

>「今買い物に行ったら、タバコを買ってしまうかもしれない」

この気持ち、わかります。自分も外に出るとタバコを買ってしまうのではないかと心配になるのです。
今、めちゃくちゃ吸いたいかと聞かれれば、「ん〜、別になくてもいいのかな〜」と言えるのに、買ってしまいそうなんです。その一箱を買ってしまえば、間違いなく喫煙生活に逆戻り。自分は「一本お化け」ではなく「一箱お化け」と闘っています。
これがニコチンパワーなんですかね...恐ろしいです。
| サト | 2006/04/14 10:15 AM |

サトさん
こんにちは。気をつけていないと無意識で買って無意識で吸ってる事、無きにしも非ずですよね。
柱時計の場所を変えた事ありませんか?
時計がその場所にあった場合は見たことも気にならないのに、
変えた後、前に時計があった場所を何回見るか解りませんよね。
それが無意識の癖です。
怖いです。

私の場合のお化けは、本当は体が疲れていて、目を覚まそうということだと思うので、きょうはお昼ねしようと思います。
ヾ(´▽`*)ゝ
| トマト | 2006/04/14 12:31 PM |

くわばら、くわばら。

“それなのに今さらタバコを止めてなにになるんだ

私は一人で家に居る
子供を先立たせた悲しさを思う
私は別にもう人生に未練は無いと思っていた
それなのに、いざ、命の危機が迫ると
いみじくも
「まだ死にたくない」とわめくのか
なんと卑下すべき人物だろう”

生きるってそうゆうことだとおもいます。そういうことに冷静に誠実に向き合っていることが、煙草をやめていることなんだとおもいます。なにになるかわからなくっても、誰かとおわかれしても、いま生きているということときちんと向き合っていること、生きているって素晴らしいなって感じました。

| ca*saccharin→トマト様 | 2006/04/14 8:40 PM |

ca*saccharinさんの意見に賛成です。

生きるっていうことを意識し始めてから変わったんだと思います。
健康も考えられるようになったんだと思います。

だからたばこが止められたんだと思います。



| ばらまつ | 2006/04/14 9:44 PM |

ca*saccharinさん、
ばらまつさん、こんばんは。
お二人の書き込みを拝見して、以前、ドラマであった一場面を思い出しました。
それは、ある年老いた男が生涯で始めて出逢った心から愛した女の人が先に死んでしまった時の事です。老人は、それまで、これほどの幸せはない、この人が亡き後生きていても仕方ないとさえ思ってきたのに、葬式が済んで何日かすると、お腹が空くんです。
ご飯を食べながら、自分の本能が悲しくてボロボロと涙を流すんです。
私も、生きようとしているんですね。。
ありがとうございます。
| トマト | 2006/04/15 7:48 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://grum.jugem.jp/trackback/57
トラックバック





PROFILE




.