SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
LINKS

CALENDAR
S M T W T F S
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
ARCHIVES
CATEGORIES
SEARCH THIS SITE.
OTHERS
<< とりあえず死にたくない | main | 降圧剤が変りました。 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - |
最も哀しい女は
私が、突然子供を失った時、通夜や葬式が終ると
ほとんど誰も尋ねてきてくれませんでした。
後で解ったのですが
子供を亡くした親にかける言葉がなかったというのです。
もし、私が第三者側だったら、多分私も同じだと思います。
[時薬]といって時くらいしか解決は出来ないかもしれません。
厳密に言えば時でさえ、悲しみを癒す事はできないでしょう。

でも、子供を亡くした女が一番哀しい女だとは思いません。


マリー・ローランサンの詩に「La Calmant(鎮静剤)」というのがあります。


      「鎮静剤」

  退屈した女よりも哀れなのは悲しい女
    悲しい女より哀れなのは
      不幸な女
  不幸な女よりも哀れなのは 
    病める女
  病める女よりも哀れなのは
    棄てられた女
  棄てられた女よりも哀れなのは 
    この世で一人ぽっちの女
  この世で一人ぽっちの女よりも哀れなのは
    遠ざけられた女
  遠ざけられた女よりも哀れなのは
    死んだ女
  死んだ女よりも哀れなのは
      忘れさられた女


もっとも哀しい女は忘れられた女なのです。
声をかけてもらえなかった女です。

また、犯罪を犯した子供の母親などほど、悲しい女は居ないと思います。
子供を亡くした女が一番哀しい女だとは思いません。
| こころ | 16:55 | comments(12) | trackbacks(0) |
スポンサーサイト
| - | 16:55 | - | - |
コメント

こんにちは。TBありがとうございます。
生きるということは本当に大変なことだと思います。

自分にとって立ち直るきっかけになった詩をトマトさんに紹介します。「平和の祈り−アッシジの聖フランチェスコ−」です。
トマトさんが言うように、厳密には悲しみが癒されることはないかもしれません。そして自分も立ち直っているかも分かりません。でも、この祈りが自分を少しでも前に進ませてくれていることだけは確かです。

こんなコメントしかできなくて...すみません。
| サト | 2006/05/02 6:32 PM |

[平和の祈り−アッシジの聖フランチェスコ]
拝読させていただきました。
自分が未熟な人間だと思えます。
他人を救うより自分が助かりたいと思っていると思います。

他人を助けることをしながら、結果的に自分をも助ける。

そして神様は
自分を捨て、ただ他人のために。。
かもしれません。

平和の祈りがサトさんに「前に進ませてくれていることだけは確か」と思えるなら、それこそは「救い」。

私ももう少し悟らなくてはね。
本当にありがとうございます。ヾ(´▽`*)ゝ
| トマト | 2006/05/02 9:48 PM |

>他人を救うより自分が助かりたいと思っていると思います。

これは、自分も同じです。自分は本当に自己中心的な人間なので、常にそう考えることが多いです。本当の意味で悟るには、時間が必要なのかもしれません。自分のような人間は。
| サト | 2006/05/02 11:34 PM |

サトさんは、
相手の考えを尊重するタイプのような気がします。
もし、言葉数が少ない時があるとすれば、それは自己中なのではなく
本当は思いやっているのですが、その上考えを消化して、ちゃんと相手を救える的確な一言を言っているため、だと思いますよ。
| トマト | 2006/05/03 10:31 AM |

一言ですぱっと言える人は本当にすごいと思います。

自分は口数ばかり多くて、要点を捕らえてない発言ばかりしてしまうタイプだから・・・。。

後で考えてあれ?みたいなことになってしまったります。

僕も究極な状態になったら自分が助かりたいと思ってしまいます。

「鎮静剤」奥が深いですね。
人の記憶から自分が消されていくのは本当に寂しいと思います。

でも棄てられたり、遠ざけられたりするのもイヤですよね・・。。。
| ばらまつ@絶対禁煙するぞ | 2006/05/03 12:17 PM |

ばらまつさん、こんばんは
人間は考える余裕もなく突然、命の危機に陥ったら、哀しくも自分を助けるでしょうね。
そうですね。棄てられたり、遠ざけられたりするのも、嫌です。ここに出てくるのはみんないやですよね。
| トマト | 2006/05/03 9:02 PM |

>時でさえ、悲しみを癒す事はできないでしょう。
その通り、無理だと思います。
しかし、トマトさん あまり自分を追い詰めないで下さい。考え過ぎると、ノイローゼになりますよ。
トマトさん、よけいなことかもしれませんが
今、必要なのは亡くなった子供の分も、トマトさんが生きることです。明るく、元気出して、精一杯生きましょう。
もし、このコメント気に触ったら削除して下さい。
| | 2006/05/04 7:49 AM |

上のコメント ラッキーです。
御免なさい。
| ラッキー | 2006/05/04 7:50 AM |

ラッキーさん、ありがとうございます。
子供のことなど持ち出してすみません。ヾ(´▽`*)ゝ
子供が死んだことより
その後、結果的に放って置かれた方が辛いという話なんです。
(実際は放って置かれた訳ではなくて、余りの事に 声を掛けれなかったそうなのですが、)

結局は周りの人のことを考えて、私が悲しみを封じ込めてしまったので、今も心の中にくすぶってしまったのです。
そうではなくあの時充分、泣き喚いた方がよかったのだと今は思います。

心配掛けてごめんなさい。
煙草の事はそうならないよう、充分に嘆き悲しんで別れようと思います。ヾ(●~▽)ゞ
| トマト | 2006/05/04 5:10 PM |

気がつけばもうすぐ禁煙2ヶ月ですね。
後に続きます(^。^;)ノ エイッ! )))))))
| ばらまつ | 2006/05/05 11:00 AM |

>気がつけばもうすぐ禁煙2ヶ月ですね。
夢のようです。まさかと思っていました。
皆さんのお陰です。。。。
ありがとうございます。
>後に続きます(^。^;)ノ エイッ! )))))))
こうして並んで走るのも不思議な縁ですよねヾ(´▽`*)ゝ
| トマト | 2006/05/06 5:37 AM |

管理者の承認待ちコメントです。
| - | 2006/05/13 7:06 AM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://grum.jugem.jp/trackback/76
トラックバック





PROFILE




.